1. トップページ
  2. おすすめ顔のマッサージ方法

おすすめ顔のマッサージ方法

【マッサージ歴】20年50代・女性

マッサージ方法は、その時代によって推奨されている方法が変わってくるので、それに従ってきました。ただ、どの時代のメソッドにも共通している点は「不必要な摩擦を与えないようにする」ことでした。ここ数年行っているマッサージは、血行を促進させることを主にターゲットにしています。指の腹で顔の表面をこすらずに抑えるようなイメージで、顔の中心から耳の方に向かって移動させてゆく感じで動かしています。リンパに向けて動かしていきます。

【マッサージ歴】5年47歳・女性

頬のほうれい線が気になるので、口の中に空気を入れて、大きくし、右、左と動かしています。二重あごも気になるので、あごを動かすようにしてます。お風呂上りは、乳液をベースに目の下、ほうれい線、あご、首筋などをマッサージしています。

【マッサージ歴】8年33歳・女性

私は朝晩のスキンケアの最後に簡単なマッサージをしています。まず顎に人差し指を曲げた第二関節部を押し当てます。そして輪郭に沿って数回耳の下まで押し流します。同様に頬骨から耳の下までも押し流します。次に目の上です。こめかみから眉毛に沿って眉尻まで人差し指を使ってさすります。最後に頬、額を両手の指で撫でるように上方向にタッピングします。

【マッサージ歴】1年28歳・女性

お風呂に入り、リラックスしたときに下から上になぞるようにマッサージします。老化は重力に負けて起こるらしいので、顔の筋肉や血流がよくなるように意識しています。私は道具を使わずに、手でマッサージします。手で拳を作り!頬の骨にそって、少し痛いくらいに動かしまます。目の回りは目元から眉骨にそって、ながします。最後は、手のひらで優しくパッティングします。

【マッサージ歴】5年40代・女性

雑誌等を参考に、おでこは端から端へ(右から左、左から右)、目尻から目の下側〜目頭〜眉に沿って、小鼻の脇、頬骨に沿って中央から耳に向かって、フェイスラインは下から上に持ち上げるように…と言った感じで、顔全体をリンパマッサージの様に行っています。最後は耳や耳の裏側等も押したりマッサージします。

【マッサージ歴】10年42歳・女性

まず最初に、リンパの流れを良くするために鎖骨の部分をやさしく10回ほど内側から外側へなぞります。次に、眉骨の下を指の腹を使ってプッシュしてから、鼻の脇をやさしくプッシュ、そして頬骨の下を内側から外側へプッシュしながらなぞります。

【マッサージ歴】5年30代・女性

洗顔後にホットタオルを顔にのせて、血流を良くします。温まったと感じたら、両手の人差し指と中指で、小鼻の横から眉間、額、こめかみ辺りを強めに指圧します。つづいて手のひらで、顎から頬にかけてリフトアップするように、上へ持ち上げる感覚でマッサージするのです。

【マッサージ歴】5年30代・女性

マッサージは、スチーマー(美顔器)を当てながら行っています。フェイスラインを持ち上げるように、下から上に肌を持ち上げ、目の周りを目じりから目頭方向に血流を流すようにマッサージします。耳の周りと神の生え際を気持ちよい程度に抑えながらクルクル親指を回してマッサージします。

【マッサージ歴】1年40代・女性

両手の指先でまず目の周りを優しく、ですが少しの圧力をかけるようにしてくるくると回しながらローションを浸透させていきます。その次にほうれい線のあるあたりから、上に向けて指先でグッとほっぺたを持ち上げるようにして下から上へとマッサージしていきます。あとはこめかみから頭の上に向かった、手首のスナップを効かせながらリフトアップするようにしてマッサージして完了です。

【マッサージ歴】5年31歳・女性

まずリンパが流れやすいように耳の後ろ、首、鎖骨のあたりを上から下に流すようにマッサージします。それから眉の上、おでこを眉間から外側にカッサプレートを使って力を入れないように流します。次に頬骨のあたりを外側に、鼻の両脇を上から下に同じように流します。たるみの気になる頬は下から上に持ち上げるようにマッサージします。最後に顎をまた外側に流すようにマッサージして、はじめにやったようにリンパを流して終わりです。

Copyright (C) 2017 顔のマッサージ効果は本当? All Rights Reserved.